食と健康財団の個人情報保護方針

平成25年12月1日
一般財団法人 食と健康財団
代表理事 道見 重信

一般財団法人 食と健康財団(以下、当財団とする)は、個人情報保護の重要性を認識し、以下の取り組みを実施します。

1.当財団は、「個人情報の保護に関する法律(平成15年法第57号)」および「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン(平成16年厚生労働省経済産業省告示第4号)」に準拠して、お客様、お取引先様、弊社従業員および賛助会員様の個人情報(以下、「個人情報」といいます)について、取扱いを定めて、適切な保護を行います。

2.当財団は、事業場必要な範囲に限定して適切な手段で、個人情報を取得します。

3.当財団は、保有する個人情報の利用目的および問合せ窓口を公表または本人に通知または本人に容易に知り得る状態にし、その範囲外の利用、提供はしません。ただし法律に基づく命令等のある場合を除きます。

4.当財団は、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じます。

5.当財団は、個人情報を取り扱う業務を他の会社に委託する場合、個人情報の秘密保持および安全管理について、委託先に契約により要請するとともに、指導・管理をします。

6.当財団は、当社が保有する個人情報の開示、訂正、提供範囲の変更や削除を本人から依頼された場合には、合理的な手段で本人確認をした上で、合理的な時間内に対応します。

7.当財団は、上記の方針を確実にするため、個人情報管理者を設置し、個人情報の保護に関する社内コンプライアンス・プログラム(個人情報取扱基本規定)を定め、役員及び従業員に徹底するほか、これを定期的に見直し改善に努めます。

以 上






TOP